ふつー、が生まれる毎日から。

"自分"に向き合った先には、『ふつう』がありました。ふつうって、幸せとイコールだった。そんな話を、私と、ムスメと、旦那さんとの毎日から。

私にとっての『食べる』

2日ほど前から、玄米はじめました。

炊くのがめんどうと思ってたんだけど…

夜とか昼間に吸水させて、鍋で炊いてます。

意外と出来るし、柔らかくておいしい(。-ω-)

ムスメは色のついたごはん、好きじゃないみたいだけど。。

 

ずっとやってみたかったことをやった、というのもあるからか、割りと満足感があって、いっぱい食べたいと思わなくなった。

 

でも、今日のお昼は、パン屋で食べたくなった!

それは空腹感からでもなく、

自分の不甲斐なさから、何かを埋めるように、食べたくなった。

美味しかったけどさ、

やけ食いに近いよね…

今までも、食べることで、

乗りきろうとしたり、

無かったことにしたり、

してきたことたくさんあったな。

 

それを思うと、

それに使ってきた、そんな自分を受け入れてきた、お金と胃袋と自分のからだ、があったんだって思って。

過去の自分に感謝が、いま、じわっと湧いた。

 

また、やけ食いすることもあるかもしれない。

無力で、

力になれない、ならない、

そんな自分を自分で悲しく思ってる。という事から、

自分を守ろうとしてるんだ。

 

もう、そんな時食べなくっても大丈夫だよ。

違う方法で、自分を癒せるよ。

 

たべものは、おいしく、しあわせに💝

食べるんだ🎵

 

私の体は、ごみ箱でもないし、埋めないといけない穴なんてないよ。

 

そんなことを思った。
f:id:toitoitoi39:20170710201437j:image