読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつー、が生まれる毎日から。

"自分"に向き合った先には、『ふつう』がありました。そんな話を、私と、ムスメと、旦那さんとの毎日から。

心の筋力。苦手な感情を受け取ってみる。

ameblo.jp

 

あ~~ この3か月間、私がしていたのはこれなんだ。

どんな感情であっても受け入れ、同じくらい味わうことができれば

どんな自分であっても受け入れ、同じくらい楽しむことができる

感情を出し切ることで、「こんな気持ちだったんだ」と気づき、受け容れていく。

そして

感情の振れ幅、許容範囲、つまり心の筋力と、

物事に対する柔軟性は比例しているということ。

その柔軟性は、そのまま

自由さや豊かさとつながっている。

 

その繰り返しが、心の筋力UPに繋がっている。

 

人には、感じるのが得意な感情と苦手な感情があると、

秦さんは続けて書かれていて・・・

私の苦手な感情は、と思いついたものがひとつ。

 

余談ですが、ビジネスをする人は必見!?

 

お金を稼ぐことができる人とできない人との間には

 

”ある感情・反応”への対応力が決定的に違っていました。

 

それが、これでした。笑

 

それは、

 

”羞恥心(恥)”です。

 

 

お金を稼げるようになりたい〜!と思う人は

 

ぜひ羞恥心にスポットライトを当てて、

 

日々の中で恥ずかしい、という感情や羞恥心というものと出会ってみましょう。

 

この感情・反応に慣れれば慣れるほど、

 

お金を稼ぐのは得意になっていくと、わたしは確信しています。

 

ぜひ、試してみてくださいねとびだすピスケ2

 

 「恥ずかしい気持ち」・・・

「こう思われたくない」とか「人にこう見られたくない」とか

そう思われたとしたら、自分はすごく恥ずかしいわけです。

恥ずかしい気持ち、そこに気づいて、そしてその先は・・・?

 

また、そんな出来事が起こったら、ちょっと観察してみます。