読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつー、が生まれる毎日から。

"自分"に向き合った先には、『ふつう』がありました。そんな話を、私と、ムスメと、旦那さんとの毎日から。

【3歳9か月】わたしのはなし

年末、博多へ~~

博多のお土産、ポップなものが増えている!
ひよこも数年前から饅頭以外を出していますが、お洒落なパッケージに、今までになかった味のものも~~
まだ家に着く前なのに、博多駅でうろうろしてしまいました。
あんちゃんは、すぐにお土産屋さんのお姉さんを掴まえておしゃべり。。。

新幹線、
お絵かきとおやつと折り紙とおしゃべり。
女子。

「どうして、わかば(おばあちゃんちの猫)はいるの?」
と訊かれまして

「(どうして??)お母さんが北九州のお兄さんからもらったんよ。」

「どうして、前はいなかったの?」

「動物が飼えない家だったけど、引っ越したから猫ちゃんに来てもらったんだよ。」

知らない、分からない、と言うと
知ってるでしょ!分からないじゃないでしょ!
と答えを要求されます(^^;
本当に知らないときは、
「知らないけど○○かなぁ」
なんて言うと、ふぅん、と言ってくれます。

とにかく全部聞きたいようで
あらかた質問が終ると
まるで自分の話のように話しだします。

「ねこちゃんはね、おばあちゃんちにいなかったんだけど、北九州のおねえちゃんからあんりちゃんがもらったんよ!」

お話をしたくて訊いたのかしら?
あんりちゃんの家に猫が居ないことが不思議だったのかな?

家では、私たちにこたつを取られた猫が奥の部屋に行っています。。。