ふつー、が生まれる毎日から。

"自分"に向き合った先には、『ふつう』がありました。ふつうって、幸せとイコールだった。そんな話を、私と、ムスメと、旦那さんとの毎日から。

【3歳4か月】たいふう

風がすごい!
空いている窓からの風で
ふすまがガタガタ揺れる。
眉にシワを寄せて怪訝そうな杏ちゃん。

台風が来とるんよ、というと
「台風ってなに?」
うーん何と言ったらいいやら……
「風がびゅーびゅーしてね、雲がぐるぐるしながら空を走るんよ」
と言ってみたら

なぜか、
とってもにっこり😁する杏ちゃん。

正体が分かって怖くなくなったかな?

そのあとすぐに、お父さんから今から帰るよコールが。
ムスメが電話ちょうだい!と言って喋り始める
「とーちゃん、台風が来とるんよ!
雲がぐるぐる~~ってなって、
走るんよ!
寒いけど、車のったら大丈夫よ?!
ね!」

すぐに教えたいのね~(  ̄▽ ̄)

雲がものすごい速さで動いてる~~

自動代替テキストはありません。