読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふつー、が生まれる毎日から。

"自分"に向き合った先には、『ふつう』がありました。そんな話を、私と、ムスメと、旦那さんとの毎日から。

【1歳10か月】

あるべき、するべき論を自分にも相手にも振りかざしがちなのですが、
そこにあるのは、正しさとか善悪でなく
何を選択するかなのかな。

そんなことを子どもと接しながら思いつつ、
対子どもであろうと、対大人であろうと、
対自分であろうと、変わらないよなぁと。

結構、子どもに対して、上手くいかない時は感情的になっちゃうんですけど(^^;

この間、ジャンパーを着せようと思ったら、
娘がそれじゃなくてこっち、て言うんです。
最近着てない薄い方。
寒いよ!って出かける直前まで私は
粘ったんだけど、イライラする自分にも飽きて、ま、いいや、それで行こうかってなったんです。
そしたら、玄関で、

「かーしゃん、ありがとう」

目が点になりました。

たまたまじゃないよね…?

子どもは親の気持ちを感じてるんだなぁ
子どもは自分の思いを伝えてるだけなんだよなぁ

まだまだ感情のコントロールは難しい母ですが、
こちらこそありがとう、でした(^^)
もうちょっと、ま、いいかを子どもに対しては増やしていいのかなって。
思ったのでした。